朝霞市本町1-17-9    048-466-5235(日曜休)
生徒との関わり

生徒との関わり

関わり

今の時代”関わり”というものがどんな意味をなすのだろう?
毎日子どもたちの中にいてふと思う。
勉強をするのに”映像授業を受ける”ということを選ぶ子どもたち(親)がいる。
(予備校の授業など映像授業が主流になってしまった。)
家庭で食事を知らせるのに「携帯で呼ぶ」と聞いて驚いた。でも、10年前の話。
家にいる子どもと話すのにラインを使う親子もいる。
子どもたちのコミュニケーション力をどうやってそだてていくのだろう?
大学受験の生徒たちが言う。
「大学でコミュニケーション力をUPさせたいです」
何かおかしくないか?

塾で私は、せっせと子どもたちと関わる。
何気に話しかけ、子どもたちと話す。
その子の未来をきく。
今困っていることを聞く
どんな受験生になりたいのか聞く
勉強をどうしたいのか語ってもらうこともある

子どもの話を聞き、私の意見もいう。
同じだと喜び
違うことに驚き笑い合う
大人の世界の情報を伝え、子どもなりの反応を求める

会話に四字熟語・ことわざも混ぜる。
子どもと関わると言うことを
”勉強”を通して盛りだくさんに大切にしています。

ちなみに慶立に入塾するとよくしゃべりますが。
(???)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です