朝霞市本町1-17-9    048-466-5235(日曜休)
04月

電話で授業 ②

電話で授業 ②

電話で授業をしていると音声だけのやりとり故に
お互いに相手に通じるように話さなければならない。
すると生徒は、わからないことを言葉で説明しなくてはならなくなる。
なので、必死にわからないことをアピールしたり
とりあえず困っていることを伝えてよこす。
授業を目の前でしているときより積極的!
だんだん説明上手になってくる
言葉の表現が豊かになってきている
こちらの話すことをとても良く聞いている。
たぶんすごく集中している。
こちらもできる限り分かりやすく話すことに汗汗。
計算間違いか?問題を理解していないのか?
答えが違うとお互いに何がおかしいのか
どこから違っているのか
必死に歩み寄って話しながら考える。
間違った箇所がわかると生徒さんは
「あっ!ちょっと間って下さい。」と自分で答えを出そうとする。
教室でやっているときの優雅さと違う。
出た答えに「そうです!大正解です!!」
こちらも嬉しくて声が高くなる。
「はい♡」元気な大きな声が返ってくる。
音声だけからの学び
今はやりの映像授業とはまるで違うけれど
聞く力・話す力・文章力・集中力、お互いに思いやる力?・・・・良いことたくさんあるみたいです。

電話で授業

電話で授業

コロナ対策として電話で授業している子がいます。
”コロナが怖いから子どもを外に出したくない”
でも、勉強が不安。
保護者様のお気持ちがいたいほどわかります。
今、私に何が出来るかなあと考えたとき
”電話での授業”をやってみようと思いました。
カウンセリングの傾聴、
電話でのコーチングをしてきているので
音声だけのメリットを今の私ならば活かせると思いました。
思わぬ収穫がその生徒さんにはありました。
出来ない問題がある!
なぜか?
プリントを全部読んでいなかった。
文章をどこで区切って読むのかが曖昧で読んでいるうちにわからなくなっていた。
上手に読めない生徒さんもこちらがうまいところで相づちをうってあげると読みやすくなる。
うまく読めているときは、黙って聞いたり、感動しているような相づちをうつ(テンションが上がるようです)
文章や問題を読むことが苦手とする生徒さん
決して出来ない子ではないのに出来ない子に間違えられたり、現実的に遅れていったりすることも起きてしまうんだなあと知りました。
問題文が読める
問題文を理解して読む
出来る子に育っていきそうです。
やってみてよかった。

暖かいマスク

暖かいマスク

使い捨てマスクがなかなか手に入らない中、ガーゼのハンカチなどを使って代用していました。
すると保護者様のお一人が手作りマスクを下さいました。
黄緑に白いお花があちこちに広がる春のようなマスク・・・。
ハンカチマスクより声がこもらずに息も辛くない。
手作りマスクがはやる中、ゴム紐もガーゼも手に入らなくなっている中のこと。
ありがたく毎日手洗いして使っていました。
先日、さらに3つ作って下さいました。
素敵な生地のマスクをみて はたとおもいました。
マスクのために美しい何かの生地を切られたことを。
いつもさりげなくこちらの立場に立って気配りをして下さる方。
本当に良く出来た方だなあと感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
コロナで毎日気が張り詰めていた中、ほっと暖かな気持ちになりました。

授業を分けて行っているため通常とことなります。

電話で行っている子もいます。

倍近い時間をかけて授業を進めています

早くコロナが落ち着きますように。